『GMB』世界の様々な情報を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2ヶ月間短期間集中ダイエット 完全個室のダイエットジム es three[エススリー]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





いつも熱き応援クリック ありがとうございます
  • にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ



  •  外貨なビジネスをフォロー

    • このエントリーをはてなブックマークに追加






    外貨なマネービジネスblogの記事・画像などの全てを無断転載禁止します
    2013年11月22日

    • このエントリーをはてなブックマークに追加


    2ヶ月間短期間集中ダイエット 完全個室のダイエットジム es three[エススリー]


    1920年、アメリカで禁酒法といわれる法律が施行されました。0.5%以上の飲料アルコールの製造や販売、運搬などを禁止した法律です。禁酒法と聞くと飲酒が全て禁止されているイメージですが、自宅内での飲酒までは禁止されなかったのです。

    historical_photos_m-op.jpg



    禁酒法成立から実際の施行までは約1年の猶予期間が設けられてたので、多くの人々が酒を大量に買占め保管していました。資金を多く持っているレストランやクラブでは、5年~10年は十分に販売提供できる酒を確保していたそうです。
    例外として食欲促進・消化促進の効用や利尿作用が認められていたビールなど、医師が医療用に処方するアルコールは認められました。ですから、医師に処方箋を出してもらえばドラッグストアで、堂々とビールなどは買えたのです。

    禁酒法が施行されるまでのマフィアの稼ぎは、ギャンブルと窃盗が主だったのですが、禁酒法時代には無許可で酒を製造販売することで、巨万の富を手に入れました。

    ブラックマーケットは栄え、その資金で政界・法執行機関・メディアなど様々な世界を支配していました。当時、クラブやバーなどは禁酒法施行前に比べて2倍以上に増えたそうです。血のバレンタインで有名なアル・カポネは禁酒法時代の年収は2000万ドルともいわれています。

    1920年代の1ドルは2.5円で、円を現在の貨幣価値に直すと1円は2000円程度になります。1ドルは5000円になりますので、当時の2000万ドルは現在に直すと1000億円になります。

    禁酒法時代の写真がありますので紹介します。


    禁酒法時代


    禁酒法が施行されてから、1933年に廃止されるまでの約13年の間、違反者は罰金1000ドル、禁固6ヶ月に処せられるのですが、政府はアルコールの税収が減り、財政が圧迫され、禁酒法の反感が高まるにつれ禁酒法は廃止されたのです。


    では、また。

    source



    関連記事

    いつも熱き応援クリック ありがとうございます
    • にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ



  •  外貨なビジネスをフォロー

    • このエントリーをはてなブックマークに追加






    外貨なマネービジネスblogの記事・画像などの全てを無断転載禁止します
    コメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    税金の論理 2/4 ~国税の力が強大=先進国
    税制は、高度な経済社会と共にあるというのは実に体感に合う。日本で最も恐ろしい組織は、とにもかくにも国税!! あえてもう一個あげろと言われたら検察かな? というくらい国税は恐ろしい組織。一方の中国で人民に怖れられてる組織は、共産党と軍隊。中国だけでなくアジア各国でも、税務署の存在感はあまりない。国税局の存在感がある国家=先進国家と定義してもよいくらいだろう。 アル・カポネと金丸信 アル・カポネ...
    [2014/01/30 21:10] 投資一族のブログ
    新着記事
    新着スポンサードリンク
    Ranking

    気になるニュースへ







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。